プロフィール

k

Author:k
管理人です♡
気が付けば、アラフォー。
素敵なアラフィフ目指して、
wansと日々奮闘中。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Flash Piano
ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ご飯のお話


我が家のwansは、ごはんをがっつり頂く派、

略して、G隊です。

完食してくれる事が、当然だった私は、

ヨーヨや、ももじが食べたり食べなかったり、

不規則な食生活になった時は、戸惑いました。

食べないと体力が・・・・・という思いから、

何度も作り直す日々・・・・・

匂いを嗅いで、フンとする後ろ姿を何度見たことか。

ある日は、半分やけになって、白ご飯にデビフの缶詰めご飯をあげたら、

凄い勢いで、食べた事もありました・・・・・・・

フードも、SGJからアズミラ、クプレラと、フードジプシーしてみましたが、

食べ続けてくれるものは無く、好き嫌いし放題でした。

中でも、クプレラというフードは、通常のフードと違って酵素を多く含むもので、

シニア・ハイシニアになると、上手く酵素が作られないので、補う意味でも

絶対的に食べて欲しいフードでした。

(酵素は熱に弱いのですが、このフードは製造過程の最終工程で酵素を含ますので、

酵素が壊されることが無いそうです)

食材を砕いたり色々工夫したのですが、何をしても拒む彼。

そんな彼が、1番好んだのはパンや、スポンジ系。

それだけは、自ら要求してお変わりするので、

ホシノ天然酵母で、お塩を控えて焼いたパンを冷凍し、常備していました。

体調が悪くなると同時に、そのパンすら拒む様になったので、

ミキサーで、手作り食と病院で購入したi/dを液状にしたものを与えていましたが、

やがては拒む様になり、シリンジで与えていました・・・・・・

それすらも拒む様になった彼は、低血糖になりました。

スポーツドリンクも、✖

ヤギミルクも、✖

黒豆と、湯がいたお汁をミキサーにかけてはちみつを入れたものを、

人肌くらいの温度にすると、喜んで飲んでくれました。

これが、最後の彼の食事でした。

blog_import_4cf83a2e11247_20130131094625.jpg




手作り食を始めて、7年目。

ボンは12歳、陸は9歳、ゆうは8歳。さーは年齢不詳だけど、7歳位と獣医さんに言われた。

皆のご飯、見直時かもしれない。

消化・吸収を考えて、不足しがちな栄養素を補う事、考えなくては。






にほんブログ村









スポンサーサイト
momoji TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。